CD、ストリートブランドアパレル、スケートボード関連商品販売、音楽制作、グラフィックデザイン製作

Big Twins & DJ Skizz!

HIPHOP

2年ちょっと前に今は亡きMOBBDEEPのPRODIGYが
自分のインスタにアップしてくれた画像がきっかけで
ウチのCAPを被ってくれた事があるDJ SKIZZがMOBBDEEP一派のQBクルー
BIG TWINSとやったEPをようやく昨日ゲットしました(^^)

なんとなく出てたのは知ってたんだけど
昨日あれ?そういえばと思って聴いてみたら、すげえカッコよかったんで
ポストしてみる

ちょうどCurren$yが全く同じタイトルのBilly Oceanって曲を出してるんだけど
Big Twins & DJ SkizzのコレがCurren$yとAlchemistのCovert Coupを思い出す良い出来(^^)

あれがフリーだっただけに8曲1500円は高いな〜って感じだけど
ほぼほぼ全部Youtubeで聴けるんで
AlchemistとかHarry fraudが好きなら聴いてみましょう。

Royal Flushってこんな顔だったのかと20年の時を超えて
初めて知った(笑)のBig Twins x Royal Flushってゆう
スーパーサブコンビがアツい一曲。

Chinkyってこんな顔だったのか!と
Alchemistのアルバム以来ぶりに聴いた
ブルックリンのスーパーにいそうなChinkyの歌が
映える一曲。
絶妙にダンボ地区が似合わないBig Twinsのダンスも良い(笑)

Conwayはこんな顔って知ってるけど(銃で撃たれて口がああ言う事になってる)
リトルイタリーでヘネシー開ける姿が改めて迫力ありすぎる一曲(笑)

金はかかってないけど、全部PV作る心意気がいいっすね(^^)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

DJ SKIZZ!

HIPHOP, SHOP

MOBB DEEPの画像の一件
どこに売ってるかは謎だが何だあのキャップは??
となっているNYAのNY/LA HAT(笑)

肖像権侵害と怒られてもしょうがないアンオフィシャルな画像を
オフィシャルで使ってくれるとゆう
寛大過ぎるような対応だった例の画像を受け
ある人がそのキャップ欲しいんだけど!
と言ってくれた。

どこをどう辿って、ここに辿りついたのか謎だったけど
名前をチェックして驚きました(^^;;)

DJ SKIZZ。

ブルックリンのプロデューサー。

DUCK DOWNのMARCO POLOとともに先月来日してた
NYアンダーグラウンドHIPHOPの新進気鋭のビートメイカー。

2013年のDJ SKIZZのアルバムはAG,OC,MOP,MASTA ACE,BIG TWIN,CORMEGAなどなど
ビッグネームが名を連ね、Roc MarcianoやREKSなどアンダーグラウンドHIPHOPのフロントラインが
参加したDOPE過ぎるヤバイ1枚。

REKS参加のコレとか

BIG NOYD参加のBK QB BXレペゼンなコレとか

BIG NOYDとともにMOBB DEEP QBCのBIG TWINとか

いや~DOPE。

MARCO POLOともにNYアンダーグラウンドHIPHOPの
ビートメイカーの雄としてのし上がっていきそうな
これからが楽しみ過ぎるビートメイカー。

それがウチのキャップを気に入ってくれるって
マジで光栄。

どこをどう辿ってきたのか??って思ったけど
人脈的にそれこそMOBB DEEP周辺から知ったんじゃないの!?的な
ちょっとした思い付きで作った画像が、ちょっと信じられない流れを生んでるな~(^^;;)

ニューヨークのHIPHOPが好きで、行くとこまでいって
最終的にN.Y.A STORE始めて、それがニューヨークの最前線のアーティストに響いたってのは
ホント最高ですね(^^)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

タグ: , , , ,

The Infamous Prodigy of Mobb Deep!

未分類

ラッパーでだれが一番好きかと言えば、たぶんProdigy。

オレの不動のNo.1ビートメイカーがTHE ALCHEMISTで
THE ALCHEMISTと切っても切れないのが
Prodigyなわけで、当然そうなる(笑)

トラック制作段階で既に完成してるProdigyのラップがやばい(^^)

そのTHE ALCHEMISTのトラックでも個人的に3本の指に入る曲のStuck on you。

Stuck on you収録のReturn of the Macは相当な名盤で
無茶苦茶過少評価されてると思う一枚(^^;;)
CDもそこそこ見つけるのに苦労したくらい(笑)

H.N.I.C2とかProduct 80sは
まあALCHEMIST好きとかProdigy好きが
好きな感じだとは思うけど(笑)
Return of the MacはHIPHOP史に輝く名盤だったと思うっすね(^^)
同時期のCommonのBeなんかと張る完成度じゃないかなと。

結局は生でLiveを見ることすらなかったProdigyやMobb deepだけど
唯一の接点がProdigyがインスタにポストしたこの画像。

IMG_8709

オレがジョークでProdigyのキャップのロゴをPhotoshopで
N.Y.Aキャップのロゴに変えて、インスタにポストした画像を
今となっては理由を知ることは出来ないけど
なぜかProdigyがそれを自分のインスタにポストして
それがきっかけでそれを見たDJ SkizzやD.I.T.CのMilanoが
本当にN.Y.Aのキャップを被るってゆうミラクルが起こった。

昨日Prodigyのアカウントを見直してみたら
今だにこの画像がアカウントに残ってて
色々と感慨深いものがあった(^^)

ショップをオープンした頃にずっと流してたのが
ProdigyのAlbert Einsteinで
このアルバムを聴くと、オープン当時の
希望とか、その時のショップの風景とか
色々と思い出しますね。

某商社のレーザー(^^)なかなか楽しい(笑)#懐かしの部屋をクラブ化したい人にはオススメ(^^)#hiphop#skateboard#dj#セレクトショップ#nyastore#千葉

N.Y.A STOREさん(@nyask8)がシェアした投稿 –

たぶん病気が理由だけど、基本的にLiveでProdigyが全ヴァースをラップすることはなく
Havocが毎度1.5人分ラップしてるってゆ〜(笑)
Classicなビートをいくつも作って、ライブも1.5人分やるHavocが実はハンパないのに
どうしてもProdigyが目立つってゆう(笑)
カリスマと天才職人のコンビMobb deepの一度は見たかった
Shook ones pt2のライブ(^^)
凄まじい破壊力!

Rest in peace! prodigy of Mobb Deep!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail